2009年07月03日

ムウ

映画館に独りで行ったのは10年ぶりかも。

あまりに暇なのとホテルの部屋掃除の時間を作る為に隣り町まで
車を走らせて来ました。
車って便利だね〜。

一時間足らずで映画館に着いちゃいました。

この辺りは駅前が栄えていなくて、郊外に映画館とか娯楽施設が
集まっている町のようです。

独りで見にきてる人もけっこういました。

とりあえず、何も考えずにすぐ観れる映画のチケットを買いました。

それが玉木宏主演の MW(ムウ)。

別にポケモンでも良かったんだけどね、単なる暇つぶしだから。

肝心の映画の中身のは・・・

玉木宏と石橋凌の為のアクション映画であって
手塚治原作の同名作品とは全く異なるものでした。

山田孝之、残念な役をやらされてかわいそうに。。
着圧レギンス
原作の同性愛な関係とか主従関係も入れ替わったりという難しい役柄を
完璧に無視して、代わりにこれまた超薄っぺらなシナリオ通りに演技
させられてました。これで酷評くらってたら世話ないですね。

ん?同性愛?

あ、だから奇妙な連中が映画館に多かったのか・・

なんかジロジロ見られてるなあと思ったら。

オレはゲイではないぞダッシュ(走り出す様)

期待外れで残念だったのう、オレも映画も。

若い女性でも独りで来ている人いたけど、あれが腐女子ってヤツなのかな?

玉木宏と山田孝之の同姓愛シーンがあると思って来たんやな?さては。

やれやれ・・

まったくどーでもいーことだけど映画観ている間にフィリピンおばさん
から三回も携帯に電話が入ってきました。

もちろん出なかったけどね。
電子タバコのDTターボプレミアム
posted by ボイス at 17:39| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。