2009年04月04日

日本の将来

今日はちょっと経済について。
ブログが10年後まで残っていたら今日の戯言が検証できますね。

サブプライムとかリーマンショックとかアリコの親会社のAIGが救済とか
多分、ブログをやっている若い人には「ふ〜ん、で?」という感じでしょうね。
アリコの保険に入っている人には暫くしたら、「名前が変わりました」と
いうメール(郵便ね)が来ることでしょう。
リエンジェ エルフィールローション販売店

経済指標が徐々に悪くなって・・・というのではないのですね。

もう暴落、恐慌の世界。
皆さんさようなら、です。

日雇い派遣をやめる企業がありますが、=仕事が一切ない人が増える
という事でも有ると。

僕は現在の中国のような経済格差が日本にも訪れると思っています。
年収2万円と1億円が共存する社会が中国。

でも彼らの2万円は、10年前には1万円から現在2万円だから生きていられる。

でも日本で年収300万円から百万円になったらどうでしょう?
ここ十年でも年間3万人程度は日本でも自殺者がいます。

間違いなくこれは増えるでしょう。
それ以上に現在の生活水準を維持できない人は数十倍になるかな。

エコとか自己実現とかそんな事は言っていられなくなる時代がここ数年で
必ず日本にも到来する、そう考えるべきでしょう。

マグロなんて普通の家庭ではもう食べられませんね。
米じゃなくて芋ですね主食は。
車はもう軽自動車以外は乗れません。

それ位を覚悟して、万が一そこまでいかなかったら万歳!
という位の心構えが必要かなと。

世界はそこまできているということを、もしこれを読んで頂いた方には
読み取って貰えればと思います。


自分も10年後に、「あの時、アフォなことを書いてた奴がいたよ」と笑えることを
期待しています。

でも、現実はかなり厳しい(( ;゚Д゚))ブルブル

しかし、そこで生き残る術を得るしかないかと。

暗い話しですみません。。。

トウキョウスモーカーの激安通販
タグ:日本 経済
posted by ボイス at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。