2009年06月21日

未来は、明日ではなく今日やっていることで作られる

「未来は、明日ではなく今日やっていることで作られる」〜ロバート・キヨサキ


マジカルスリムトレンカ
ピーターの法則では「階層社会では、すべての人は昇進を重ね、おのおのの無能レベルに達する」

優秀の定義=無能レベルが高い人
では無能レベルを上げるにはどうしたらいいのだろうか?


筋トレは、「もう出来ない」と思った次の一回がもっとも効果がある

つまり、限界ギリギリのところで出来ない自分にムチを打つ事が必要。
そのとき筋組織はブチブチと音を立てて破壊される。

しかし、その後に数日の休息を取ることで、回復した組織は以前に増した状態になると。


先日「魂の致命的な敵は、毎日の消耗である」と書きましたが
要は、一回もしくは一日の極限の消耗とその後の休息が、一回り大きなものとなって
帰ってくるのですね。


毎日限界まで(もしくは、そこそこの)トレーニングをしても、それは最大化にはならない。

筋肉だけでなく、仕事の能力や精神的強さも同じことのような気がします。

毎日限界まで自分を追い詰めるのではなく、

一旦限界を超えてみると、その先が見えてくる。


「あーもう無理、今日は頑張ったから明日」
ではなく、

「あうあう限界だよ〜、、、でも明日やることをもう少しやっちまえ!」
翌日は
「ふ〜、コーヒーでも豆から入れるか・・・本でも読もう」
とするほうが能力は伸びていくのかもしれません。


伸ばしたくない人には必要ないけれど。。。

写真はある意味限界を超えた時の自分(爆

マジカルの離煙パイプ通販
posted by ボイス at 21:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。