2009年04月04日

新聞の利用法

成功できる人は、新聞の利用方法もちょっと変わっている。
すでに、新聞やテレビを見なくても情報収集はいくらでもできると述べた。
しかし、新聞も使い方次第では、強力な自己検証、情報収集のツールになるのだ。
たとえば、自己検証をおこたらない方法として「もう一人の自分と対話する」ことをお勧めしたが、新聞を使ってもう一人の自分と対話する練習ができる。

プエラリアの口コミ


方法は簡単。
最初にやることは新聞を2紙以上取って読むこと。
複数の新聞を読んでみると、同じ事件であっても同じことが書いてあるわけではないことに気づくはずだ。
それぞれ違う立場で書いてあるために、記事の内容が変わってくる。
起業するときに覚えておいてほしいのは、ある情報というのは必ずそれを流す人の思惑によって流されるということだ。
といって、別にいたずらに疑心暗鬼になれという意味ではない。
経営者になるなら、少なくとも経済の記事くらいは「信じ込まないで」もらいたいのだ。
たとえばある日の「ユニクロ」に関する記事。
新規出店の効果がなく、既存店の売り上げが多いということに関して、A紙は「既存店にカがあるからこれからも伸びる」と言い、B紙は「これからの伸びは望めない」と悲観的だった。
こういったことをそれぞれ違う人格になりすまして新聞を読むことで、情報をより客観的に分析する能力が身につく。

新聞の縮刷版を使っても、ユニークな情報収集ができる。
縮刷版の広告だけをピックアップすることで、様々な情報を得ることができてしまうのだ。
縮刷版そのものは、たいていの図書館に置いてあるから、じつくり閲覧できるはずだ。
たとえば、縮刷版を3カ月分ぐらい並べて、広告の推移を見る方法がある。
何気なく眺めているだけで、特定の企業が同じスペースで、継続してイメージ広告を出していることに気がついたりする。
たとえば、通信教育で有名な優良企業があるが、ここが一面ぶち抜きで新開広告を出すのは、どんな周期なのか見てみる。
秋は趣味のものが多くて、冬に書道とかマナーのものが多いとなれば、それはかなりしっかりしたマーケティングの結果だ。
そういった結果を自分のビジネスの参考にしない手はない。
「ヒサヤ大黒堂」というおなじみの広告。
これも実に頻繁に、しかもテレビ欄の下に出ている。
このようにほとんど変えずに出し続けている広告はヒット広告、真似をするに値する広告といえる。
逆にすぐに消え去ったコピーなどは、ダメコピーということが分かる。
このように「時系列で追って」こそ見えてくるヒント。
それらをつかむには新聞を逆のぼって見ていくことが最適だ。
時代の流れに敏感でいたいと、もちろん読者は思っているだろうが、自分で考えているより案外難しい。
キティちゃんの顔が昔とどれだけ変わっているか、気づいてますか?

参考図書『「非常識に儲ける人々」が実践する成功ノ−ト』(著:起業家大学)

リエンジェ・スーパークレンジングの通販
ラベル:新聞
posted by ボイス at 17:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の将来

今日はちょっと経済について。
ブログが10年後まで残っていたら今日の戯言が検証できますね。

サブプライムとかリーマンショックとかアリコの親会社のAIGが救済とか
多分、ブログをやっている若い人には「ふ〜ん、で?」という感じでしょうね。
アリコの保険に入っている人には暫くしたら、「名前が変わりました」と
いうメール(郵便ね)が来ることでしょう。
リエンジェ エルフィールローション販売店

経済指標が徐々に悪くなって・・・というのではないのですね。

もう暴落、恐慌の世界。
皆さんさようなら、です。

日雇い派遣をやめる企業がありますが、=仕事が一切ない人が増える
という事でも有ると。

僕は現在の中国のような経済格差が日本にも訪れると思っています。
年収2万円と1億円が共存する社会が中国。

でも彼らの2万円は、10年前には1万円から現在2万円だから生きていられる。

でも日本で年収300万円から百万円になったらどうでしょう?
ここ十年でも年間3万人程度は日本でも自殺者がいます。

間違いなくこれは増えるでしょう。
それ以上に現在の生活水準を維持できない人は数十倍になるかな。

エコとか自己実現とかそんな事は言っていられなくなる時代がここ数年で
必ず日本にも到来する、そう考えるべきでしょう。

マグロなんて普通の家庭ではもう食べられませんね。
米じゃなくて芋ですね主食は。
車はもう軽自動車以外は乗れません。

それ位を覚悟して、万が一そこまでいかなかったら万歳!
という位の心構えが必要かなと。

世界はそこまできているということを、もしこれを読んで頂いた方には
読み取って貰えればと思います。


自分も10年後に、「あの時、アフォなことを書いてた奴がいたよ」と笑えることを
期待しています。

でも、現実はかなり厳しい(( ;゚Д゚))ブルブル

しかし、そこで生き残る術を得るしかないかと。

暗い話しですみません。。。

トウキョウスモーカーの激安通販
ラベル:日本 経済
posted by ボイス at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。